のんびりとした性格で自己主張をあまり強くしない気質

ノルウェーの国民性は他国と比較してのんびりとした性格やおおらかさが特徴にあります。

また北欧に位置するノルウェーは周辺諸国の中でも恥ずかしがり屋で自己主張をあまり強くしない気質に他国からは映られています。

ノルウェーの冬の寒さは厳しくその期間は日本と比べてもたいへん長いため屋外で過ごす時間よりも家で過ごす時間の割合が大きいです。

ですからノルウェーの人々は根本的に家をベースに家族と接する時間が必然的に多くなり、家族以外の人に接するとシャイになる傾向になってしまう国民性はこれらの事柄から来ているのではと推測されています。

パーティーなど見知らぬ人たちが集まる場ではアルコールを飲むことで積極的になり、お酒を飲むことでシャイな性格のノルウェー人を明るくしているのではと示唆され、国民全体のアルコール摂取率が高いことでも知られています。

食事に関しても一定の同じメニューを取ることが多く決まったものを食べる事を好みなかでもサンドイッチはよく食べられているメニューです。

風邪をひいたときの国民の一般的な対処法にコカコーラの飲料を飲んで治す治療法が用いられるのもよくあるケアです。

アルコール以外にもコーヒーの消費量が多い国民性は世界の消費率の上位を占めていることから確認できます。

15歳以上の成人は1日にコーヒーを4杯も飲むというデーターからもそのコーヒー愛好家が多い国であることが想像できます。

家に滞在することが長い冬の時期が多い国では日照時間は重要でとても大切にしています。

太陽の出ているときは出来るだけ日の光を浴びるため水着姿で日光浴を楽しむ光景はよく見られます。

日光不足でビタミンDが不足することに配慮して、魚由来のサプリメントで補うことも少なくありません。

言葉に関してはこの国の言語とは別に英語を話す人々の割合もたいへん高い傾向にあります。

英語を話せる年代層は広く幼い年齢から老人まで英語教育が浸透し行き渡っているのです。

環境意識が高い国民性は自電車での通勤や街中のいたるところで見かけるごみ箱からもよくわかりゴミ箱は30メートルから50メートルの距離に各所に置かれ環境への取り組みを重視する姿勢からはは真面目な気質の国民性を学び取ることができます。

男女平等の先進国としても有名なこの国では近く今まで男性のみだった徴兵制度を女性にも平等に実践することを明言しており欧州初の女性の兵役参加は注目されています。